どんな人が利用し、何を重視し、購入サイトはどの様に決め、知識はどうなのか

>

通販利用の理由

通販では価格重視

通販で一般用医薬品を選ぶ場合に重視する事は、圧倒的に「価格」になるようです。
本来重視すべきは、服用した際の「副作用」や「飲み合わせ」であるべきですが、これらがあまり考慮されない傾向です。
通販の対象となる薬として「風邪薬」が最も多く、その後に「目薬」「鎮痛解熱剤」「胃腸薬」といったものが続きます。
これらの医薬品は比較的使用頻度が高く、安く買えるにこしたことはないはずです。
特に普段から服用しなれている薬なら価格重視で特に問題無いと考えるのでしょう。
初めて使用する薬などは、複数の通販サイトで服用者のレビューや販売価格を参考にして何処で購入するのか判断しているようです。
このことからネット通販の利点を十分に活用していると言えるでしょう。

医薬品の知識

通販で購入できる医薬品は、ドラッグストアー等で簡単に購入できる物が中心となります。
医師や専門家を介さずに購入できることから、目的として以下の事が考えられます。

・軽度の症状緩和
風邪の初期症状など、軽度の症状を緩和する。
・生活習慣病等の予防
普段の生活において、生活習慣病等の心配がある。
・健康状態の確認
自分の健康状態を確認したい。
・健康指向
現在の健康状態を維持したい。

これらを目的とした医薬品は、服用しその効果を期待する商品となるため、購入にあたっては正しい知識を身に着ける必要があります。
特に、副作用や飲み合わせといった事は、症状の悪化などを引き起こす可能性があるもので、これらが考慮されないまま購入されてしまう可能性があります。
この事から通販に於ける医薬品の購入・服用については、あくまでも「自己責任」であることを認識する必要があります。


この記事をシェアする